未分類

北野志保理のSo!!恋に悩むティーンエイジャーのバイブル

「え?私にとっての最も尊敬するアーティストですか?
んー、ビートルズやエドシーランが好きですが、やっぱり一番尊敬するのは北野志保理さんですかね。」

身近にいる釧路出身者に「最も尊敬するアーティストは誰?」と聞いてみてください。
十中八九上記のような回答をするでしょう。

北野志保理さんと答えない奴は本当に釧路出身かを疑った方が良いです。
ましてドリカムと言っちゃうような奴は間違いなく池田町出身だ!

釧路が生んだ伝説の歌手北野志保理

北野志保理さんは、今でも釧路の人の心に残っていることは間違いないラブソングの数々を生み出した釧路の宝です。当時はラブソングの歌姫といえば北野志保理さんか浜崎あゆみのどちらかと言われていました。全国的にはやや浜崎あゆみの方が知られていたかな?という感じですが。

私は以前から北野志保理さんの音源を全国の皆さんに届けたい。
その一心で辛い毎日を生き抜いてきました。
そして以前こんな記事を投稿しました。「釧路が生んだ伝説のアーティスト北野志保理の3つの魅力

あれから実に6年半以上の月日が流れてしまいました。

  • 月数にして78ヶ月
  • 日数にして2393日

これだけの時間を費やしてついにお届けすることができるようになりました。

釧路では珍しく30℃を超える夏の暑い日だった

前回の記事でも書きましたが、北野志保理さんのCDを買うために毎日のようにCDショップに通っては北野志保理さんのCDを探し続けていました。しかし、全く見つけることはできいまま時間は経過し、途方にくれ、メンタルは崩壊し、廃人同様の毎日を過ごしていました。

毎日3食しか食べられず、睡眠も8時間程度しか眠れない。休日はパチンコしか手につかない。

そんな毎日を過ごしており、少し北野志保理さんから距離を置こう。そんな風に思っていた夏の暑い日。
北野志保理さんの楽曲のフル動画がYoutubeでアップされていることを友人が教えてくれたのです。

北野志保理さんの歌声を早く聞きたいうという愛しさ。
CD探しの長旅が終わってしまうという切なさ。
この歌声を多くの人に届けなくてはいけないという心強さ。
愛しさと切なさと心強さと。
そんな相反する感情が入り混じっていました。

今回は代表曲であるSo!!について私の情熱を書き連ねていきたいと思います。

ラブソング界のレジェンドSO!!

お聞きいただいてすぐにお気づきかと思いますが、イントロから名曲を感じさせますね。

ここからは歌詞のフレーズごとに私の考察と所感を書き連ねていきたいと思います。
※あくまで耳コピですので歌詞に間違いがあるかもしれません。

何度も二人で通ったこの道

歌い出しのこのフレーズだけでも様々な情景が目に浮かびます。

いつも行くデートコース。
人通りがそこまで多くない放課後の北大通り。
高校生には特に見るものがないけれど、ちょっとだけ背伸びをして丸井今井をぶらりとする。
すぐに飽きてしまって、スガイでエアホッケーをやったり、ゲームをしたり、プリクラを取ったり。
小腹がすいてきて北浜まんぢゅうで肉まんを食べ、スイーツに二幸のいちご大福を頬張る。

日がくれて来る頃にはやることがなくなって、mooのベンチか栄町公園のベンチに座ってとりとめのない話をする。
帰る時間になって手をつなぎながら釧路駅のバス停まで向かって歩いて行く。。。
当時の学生はこういうデートコースをしたことは一度や二度だけではないでしょう。

振り返ったときたくさんの幸せがあった

このフレーズも非常に繊細で見逃せすことができません。デートの思い出を思い出すと幸せな気持ちになる。という意味合いと、あなたと過ごしてきた日々は幸せだったという2つの意味合いがあります。つまり、何度も二人で通ったこの道という”道”が単なる”デート場所”という意味合いと、”デートの思い出”というダブルミーニングになっていることがわかります。

そして、たくさんの幸せがあった。という過去形にも注目をしたいところです。
過去形にすることでこの恋愛に一旦区切りをつけた。というニュアンスで受け取ることもできてしまうからです。

つまり、この先の展開が失恋ソングになってもおかしくなく、二人の恋愛はどうなってしまうのか?というハラハラした気持ちにさせてくれるのです。
曲の再生後たった37秒でここまで感情を揺さぶることができるのは北野志保理以外にいるであろうか?いや、いない(反語法)

曲を進めましょう。

私のことをわかってくれてる 君がいるから
安らいでいられるの
どこにいても 増えていく思い出
私の心の中は君でいっぱいになってた

安心しました。
二人の愛は順調に育まれているようです。

恋愛において、最も重要とされるのが価値観と言われています。自分のことをわかってくれているパートナーを見つけることができたのはとても幸せなことです。

そして、ここのフレーズで注目したいのは愛情の双方向性という点です。

  • 自分のことを理解しようと努めてくれた彼氏
  • 自分の心の中は彼氏でいっぱいになっている

この状況から、このカップルは双方ともに同等の愛情を注ぎあっていることがわかります。双方の愛情が確認でき、リスナーである我々のテンションが最大値になったところでサビになります。

私なら君のため変われるよ
君がくれる 全て私に夢を
みさせてくれるから
離れないでそばにいて このままでいられるように
一つずつ二人の花 一緒に咲かせたいから

釧路人ならば誰しも一度は聞いたことがある伝説的なフレーズ。透き通るピュアな歌声に乗せて心地よいメロディーラインが続きます。
北野さん特有の...いや、やめておきましょう。
サビは説明するより聞いていただいた方が魅力が伝わると思いますので。野暮な真似は厳禁です。

君をどうして 好きになったのか
わからないけど いつかきっとわかるの
そう君には たくさんの世界があるから
それを少しずつ私のために分けて欲しいのよ

漫画家である永田正実さんが描いた「恋愛カタログ」のヒロインに実果という女子高生がいます。その実果が恋人である高田くんに質問をしました。
「私のどこが好きなの?」
それに対して高田くんはわからないと答えます。

実果は不満そうな顔をしますが、高田くんは続けます。
どこが好きかわかるより、なぜ好きかわからないけど好きだという感情の方がずっと強いんじゃないのかな?

これを読んだときはシビレましたね。私は男ですが。
顔や声、性格など好きな理由が挙げられるうちはまだそこの部分だけが好きなのでしょう。
好きな理由は挙げられないけど、あなたのことが好きというのが愛情なのだ。
私は恋愛カタログという漫画からそう言ったメッセージとして受け取りました。

愛情の深さをこんな形で表現するSO!は歌謡界の風雲児と言っても過言ではないでしょう。

私なら君のため変われるよ
本当のこと もっと感じ取ってほしい
素直な君の心で
今二人で大切なものを気づいてゆくのよ
手をつないでいこうね これからもずっとずっと

恋愛にとって双方の大切にするものを共有するのはとても重要なことです。
価値観を共有することでお互いを尊重し合うことができます。

今二人で大切なものを気づいてゆくのよ
手をつないでいこうね これからもずっとずっと

そして、特に注目したいのが気づいてゆくのよという点です。
価値観を共有してずっと幸せでいようねという意味合いと、幸せを見つけて一つずつ幸せを築き上げていこうねというダブルミーニングになっているのだと私は感じています。

いつまでも二人で 素直でいたいいから
(言葉だけじゃ伝えられないものを君だけに)
今届けたいよ 届けて欲しいよ
uh…

二人の未来に対する感情、相手に対する深い愛情を哀愁感漂う歌声で歌い上げています。
そしてスタイリッシュなギター演奏が入り、いよいよ曲も大詰めです。

私たちの夢だけは諦めないように
ほら これからも追いかけていこうよ
ずっとずっと 離れないでそばにいて
君と過ごして行く日々を 大切にしたいから
いつまでも君もそうでしょ

いつか君も私のために変わってくれるかな
確かめてるわけじゃない
waiting for your love
好きでいて欲しいの

最後にもう一度二人の未来への想いと彼氏への深い愛情を歌っています。
まさに北野志保理さんの真骨頂とも言えます。

  • 彼氏への深い愛しさ
  • 未来への少しの不安からくる切なさ
  • それでも前向きに進もうとする心強さ

かのヒット曲、愛しさと切なさと心強さとはSo!!を歌い上げている北野志保理さんがモデルになっているという説もあったりなかったりという話はみなさんも一度は耳にしたことがあるでしょう。

So!!は全世界の恋愛に悩むティーンエイジャーのバイブル

私がSo!!を初めて聴いたときは高校生のときでした。当時はよくあるラブソングの一つだと思っていましたが、大人になってから聞き直してみると、歌声や歌詞、メロディーすべてが私の心を揺さぶりました。当然釧路人であるみなさんも何度も聞いたことがある一曲だと思います。

しかし、当時の印象と大人になってから聴き直すのでは受け取り方が全く異なります。今回の記事を読んでくださった方にはぜひもう一度、北野さんの曲を聞き直して見てほしいなと思っています。

話は変わりますが、私は昔から"人ってそんなに簡単に変わるものじゃない。"という持論を持っています。

人格というのは今まで受けた教育や生活環境によって長い時間をかけて形成されていくものだからです。

しかし、北野さんの音源を見つけてからというもの、周りの人たちからも「最近顔つきが変わったね。」という声や、「仕事ができるようになったね。」という声をかけてもらうことが増えました。

人ってそんなに簡単に変われるのかな?
いや、きっと変われる。
「わたしなら 君のため 変われるよ。」
そう教えてくれたのは他でもない北野志保理さんなのですから…fin。

-未分類

おすすめの釧路原人お便り