釧路の名店:泉屋で『ピカタ』を食べるべき3つの理由。


アイキャッチ画像

北海道の東の街、釧路市には・・・
他都府県から恐れられる最強のスパゲッティを出すレストランがございます。
その店の名を泉屋と申します。

もしあなたの身の回りに釧路出身という方に出会ったら【泉屋】という名前を出して見てください。泉屋という言葉にその人間がピクリとも反応しなかったら、その人はモグリだと思っていいでしょう。今も釧路に住む18万の人口のうち95%以上は確実に知るその名を知る名店レストラン、

それが最強のスパゲッティレストラン泉屋でございます。

泉屋が有名な理由。

NewImage

さて泉屋が有名な理由…それはスパゲッティが鉄板に乗ってやってくる事にございます。
なんだそんな事かと思ったそこの貴方、そんな貴方は運ばれてきた瞬間にスパゲッティを食べようとして
ミートソース-スプラッシュ(通称:MSS)に泣くことでしょう。

ミートソーススプラッシュ(*1):記事最下部 解説を参照

泉屋にやってくるお客さんの半分が頼むのが…スパカツ

【スパカツ】
NewImage

大正義。野球で言えばジャイアンツ、NYヤンキース。国民栄誉賞を受賞するレベルのスパゲッティ。
アツアツの鉄板の上に、麺が乗っかり、カツが乗っかり、ミートソースが乗っかてます。なんだそんな単純なスパゲッティかと思った貴方、そんな貴方は大盛りを頼んではMMSに加えて、シャツのボタンが2、3個吹き飛んで、はち切れることとなるでしょう。

端的に申し上げます。美味でございます。

ちょっと通になり、勘違いした中二病が頼むのが泉屋風

【泉屋風】

NewImage

スパカツを卒業したてのベテラン気取りが頼む筆頭といっていいでしょう。
はっきり申し上げますがこれは美味でございます。テーブルにおいてある醤油をアツアツの鉄板に垂らしながら食うと、これがまた極上の美味しさでございます。

何度も申し上げましょう。これは、はっきり言って美味でございます。

さて、ここまでの人気スパゲッティの紹介は序章、いや所詮、前菜に過ぎません。
ここからが今日の記事のメインディッシュでございます。

釧路原人が勧める究極の泉屋スパゲッティ。ピカタ。

NewImage

ピカタこそが最強のスパゲッティと言って過言ではございません。店員の方がメニュー表を持ってきたら、メニュー表に一瞥もくれず、このピカタを頼むことをオススメいたします。

ピ、ピカタ・・・?

その時、注文を取る店員の手を見ててください。
一瞬止まった後、彼女はこう思うでしょう。

こいつ・・・デキる!!!

さて貴方はもう、立派な泉屋通でございます。
そして、そのスパゲッティは意外な姿でやってくるでしょう。

NewImage

きっとピカタは『めくれ!めくれ!めくっておくれ!』と貴君に訴えかけて来ます。
その卵の下には何があるんだい???

神秘性を兼ね備え、チラリズムを誘う、スパゲティ界の壇密。

日本よ。これがピカタだ。

卵の下には・・・

チラっ、

NewImage

ちらっ、

NewImage

これは!!!!

NewImage

チャーシュー?

この時、調査員の頭の中にはベートーベンの第九が流れたという。

(以下再生しながらお読みください。スマホの方は脳内再生で。)

解説しよう。

↓以下wikipedia先生より引用。

ピカタ(伊:piccata)は、イタリア料理のひとつ。ピッカータとも。
薄切りの肉などに食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、パルメザンチーズを混ぜた溶き卵をたっぷりとからませてソテーしたもの。
豚や子牛のヒレ肉やロース肉、鶏の胸肉などが用いられることが多いが、タラやカジキなどの白身魚や豆腐、ズッキーニなどのピカタもある。

ピカタとは薄切りの肉、(厳密には違うかもしれないが)チャーシューを、ちょっと甘めのソースに絡めた麺(ナポリタンではない)に乗せ母なる卵で覆い包んだ、スパゲッティなのである。

しかし、そんな簡単な説明で終わるほど単純なスパゲッティではございません。

貴方はまだ、ピカタの本当の恐ろしさをしらない。

フォーク(箸)を進めていくと、未知との遭遇が待っています。
これは・・・・

NewImage

た・け・の・こ?

そう、たけのこでございます。

さて、ここまで読んだ、釧路出身者、地元民は『泉屋?ピカタ?知ってるよ。
タケノコとかも入ってるよね。』と比較的、知られた事実に幾分冷ややかな対応を取ってきたかもしれません。

ふふっ 貴君たち!甘いです。!!

括目して御覧なさい!!!

そこには、伝説の食材・・・

NewImage

THE ENOKI !
えのきである。

この世に『えのき』がはいっているパスタなど他にあっただろうか。いや、ない。(反語法)

味にどのくらいの影響を与えているかは測定不能だが、さりげないエノキの存在感こそピカタの完成度を高めていることには間違いないないでしょう。。

泉屋へ行ったらピカタを食べるべき3つの理由

さて、まとめましょう。(全然この記事をまとめてませんが・・・)

ピカタとは、

・(人生の悟りを開いた年配の方たちが好んで頼む、)人生の年輪を教えてくれるスパゲッティ。
・スパカツより昔からあった古参のスパゲッティ。
・エノキをも食材にしてしまう、奇跡のスパゲッティ。

スパカツより古くからある泉屋メニュー「ピカタ」は泉屋オリジナルのスパ (2011.06.05再訪問) : レストラン泉屋 ビッグハウス店[食べログ]
適当な釧路原人の紹介はさておき、詳しくはこちらをお読みください。

ここまで説明をしておいて、種明かし

このピカタ、実はそこまで人気のないパスタではございません。

NewImage

2013釧路原人 調べ(*2)によると泉屋のスパゲティ全11品中5位との事でございます。

釧路にお越しの際には是非、泉屋に立ち寄って、ピカタに限らず鉄板スパゲッティをご賞味いただきたいと存じます。
その際には是非ともMSSにお気をつけ頂き、決して白いシャツなど来ていらっしゃらないようお気をつけください。

それではごきげんよう。アディオス。

………………………………………………………………………………………………………

*1『ミートソース-スプラッシュ(通称:MSS)』:あまりにも熱せられた鉄板によりミートソースがじゅーじゅーと跳ね、洋服にシミを作ってしまう現象のこと。運ばれてきた瞬間は紙ナプキンでガードしつつ、食べないと確実にやられる。

*2『2013釧路原人 調べ』:店員によるヒアリング。一週間でどれくらい注文がはいるかは『わかりません。』と言われたのであまり深くは突っ込みませんでした。ちなみに一位はスパカツみたいです。


Comments

  1. はじめまして
    素晴らしい♪ ピカタでここまで熱く語れるとは
    自分も隠れピカタ好きです。

    • もーりーさん

      コメントありがとうございます!
      ピカタはスパカツ以上の泉屋の定番メニューだと我々は思っています。
      たまに更新していきますので、これからもよろしくお願いします。

  2. 首都圏在住 says:

    ピカタはめくらずにざっくりと行きます。
    どのメニューも好きです。
    スパカツはちょっと重いので、ミラノ風やピカタらへんをよく頼みます。

もーりー にコメントする コメントをキャンセル

*