幣舞橋:四季の像 おっぱいが大きい順は 〇>〇>〇>〇


Nusamai_Bridge

釧路のランドマークといえば…

北海道3大名橋の一つにして、お天気カメラや地震速報、映画のロケ地ともなると必ず登場するのが幣舞橋。世界3大夕日霧の町 釧路を象徴するのもこの幣舞橋をめぐる風景である。

現在の幣舞橋は1974年に架けられた第5代目で橋の欄干に4体の彫刻が立像している。
この4体はみな、裸体、ないしは半裸の女性である。ここは重要なので繰り返す。

裸体、ないしは半裸の女性である。

1月の平均気温が−5.4℃の釧路市にあって(半)裸の女性を寒風吹き荒ぶ橋の上の立たせようとは、サディスティックの度を超した狂気の沙汰すら感じさせるハードプレイであるが、この橋に建てられたこの4体の女性美こそ幣舞橋が釧路のランドマークたる所以であり、幣舞橋を釧路の象徴へと推し上げているといっても過言ではないのである。

さて、

おっぱいというのは無条件に素晴らしい。

おっぱいを嫌いな男性がいないように、釧路原人もまたおっぱいをこよなく愛でる男子である。今日はその1体1体の四季の像のおっぱいを考察していきたいと思います。

エントリーナンバー1番 『春』  舟越安武 作

NewImage
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/fukax150/319313.html

半球型、いわゆるお椀型の典型ともいうべき美乳である。大きさはちと小さいが形がここまで整っていれば文句のつけどころは無く、そのおっぱいはかつて一斉を風靡したAV女優 美竹涼子のそれに匹敵するといっても過言ではない。船越先生はこの1体を作る為に1年半を費やしたという。

美しいおっぱいをありがとう舟越先生。

NewImage

舟越 保武(ふなこし やすたけ、1912年12月7日 – 2002年2月5日)は佐藤忠良と共に戦後日本を代表する彫刻家。新制作協会彫刻部創立会員。東京藝術大学名誉教授。1912年、岩手県二戸郡一戸町小鳥谷生まれ。1977年 「道東の四季-春-」(釧路市の幣舞橋)で長谷川仁記念賞。( wikipedia先生より)

 

エントリーナンバー2番 『夏』  佐藤忠良 作

NewImage
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/fukax150/319313.html

辞書で『円錐型おっぱい』『ロケット型おっぱい』と引いたら、その横の挿絵に使われているのでないかというほどのお手本おっぱい。AV女優で言うところの北川瞳や長澤あずさを思わせるおっぱいである。頭の後ろで1本に纏め上げられた三つ編みも、その日差しを遮るポーズも、そのままビールのポスターにしてしまいたいくらいに健康的なムスメである。けしからん。『釧路の中学生よ、おかずに困ったら幣舞橋に行け!』と行ってもいいレベル。

健康的なムスメの像をありがとう佐藤先生。

NewImage佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 – 2011年3月30日[1])は日本の彫刻家。新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。1912年、宮城県黒川郡大和町落合舞野に生まれる。6歳で父が死去したため幼少期は母の実家である北海道夕張で過ごす。1925年、旧制札幌第二中学(現北海道札幌西高等学校)に入学。( wikipedia先生より)

エントリーナンバー3番 『秋』  柳原義達 作

NewImage
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/fukax150/319313.html

THE・皿型。いわゆるペチャパイである。AV女優的にいうと、あいださくらとかほしのあすかとか、そもそも日本人に一番多いタイプのおっぱいだし、春、夏と続いて、『世の中、そんなおっぱい天国じゃないよ』と目を覚まさせてくれるというリアル感な感じが何ともいえない。それよりもどこか女性を感じるのは骨盤がしっかりしている安産型の腰回りからか・・・。

母性を感じる像をありがとう柳原先生。

NewImage

柳原 義達(やなぎはら よしたつ、1910年3月21日 – 2004年11月11日)は近現代日本を代表する彫刻家の一人である。兵庫県神戸市生まれ。1936年東京美術学校彫刻科卒。朝倉文夫に師事、文展入選、国画会受賞、1937年国画会同人。1939年新制作派協会彫刻部創立に参加する。1952年から5年間ヨーロッパに滞在する。1956年高村光太郎賞、1974年中原悌二郎賞大賞など受賞、1970年日本大学芸術学部主任教授。1996年文化功労者。( wikipedia先生より)

エントリーナンバー4番 『冬』  本郷新 作

NewImage
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/fukax150/319313.html

春と同様に半球型。こちらのほうが『お椀型おっぱい』の要素が強いか。彼女のそれは紗倉まなのそれに匹敵するといっても過言ではなく、観賞用に家に一体おいておきたいくらいである。それだけでなく彼女の特筆すべきはおっぱいだけでなく4人のなかで一番くびれている『腰』である。あと『私の脇をみて!』といわんばかりの脇アピールである。

フェチ心をくすぐるぜ。ありがとう本郷先生。

NewImage

本郷 新(ほんごう しん 、1905年12月9日 – 1980年2月13日)は、北海道札幌区(現札幌市)生まれの日本の彫刻家。新制作協会彫刻部創立会員。 1919年旧制・札幌第二中学校(現北海道札幌西高等学校)に入学。一度東京へ移った後に1925年に旧制・北海中学(現北海高等学校)、東京高等工芸学校彫刻部(現千葉大学工学部)卒業 。( wikipedia先生より)

 

さて答え合わせ。

本エントリーのタイトルである『おっぱいの大きさ』をくらべてみよう。

ずばり答えは

スクリーンショット 2014 01 05 20 32 10

本当は脚立とメジャーを持参してトップとアンダーをしっかりと測ってサイズ詳細を調査したかったのですが、極寒の1月にあって滑って釧路川に落ちようものなら凍死確実であり、なによりパトカーなんぞ通りかかった時には危険行為で職務質問は必須のため、チキンと言われてもいいので、今回サイズ計測は見送らせていただきました。

見た目において、お前は間違っている。いやAV女優に例えるなら○○のおっぱいに近い!というご指摘がある方がいらっしゃいましたらワコールでもトリンプでも女性下着メーカーにでも検証のお問い合わせしてみようかとも思いますのでコメント欄よりご一報いただければ幸いです。

【画像あり】全裸の女性に赤い服を着せてあげる紳士が釧路に現る|【2】/(^o^)\ナンテコッタイ速報

過去にはこんな事もね。紳士現れる。

 

釧路原人的には・・・

やっぱり夏のロケット型おっぱいがいいなぁ。

誰の為にもならない情報を相も変わらずまったりやっていきますが、2014年も釧路原人をよろしくお願いいたします。


Speak Your Mind

*